上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ローマ人の物語 (6) ― 勝者の混迷(上)新潮文庫ローマ人の物語 (6) ― 勝者の混迷(上)新潮文庫
(2002/09/01)
塩野 七生

商品詳細を見る


塩野 七生さんの「ローマ人の物語6 勝者の混迷〔上〕」を読みました。


紀元前2世紀半ば、強大国であったカルタゴを滅亡させ、ローマは地中海世界の覇者と呼ばれるようになっていた。
しかしそのローマも次第に内部から病み始める。
名将スキピオ・アフリカヌスの孫であり、若き護民官となったティベリウスは、改革を断行すべく、強大な権力を握る元老院に挑戦するが、あえなく惨殺される。
遺志を継ぎ護民官となった弟ガウイスの前にも「内なる敵」は立ちはだかる。
(裏表紙より)


護民官となったティベルウスが、失業者を助けようと農地改革を打ち出しますが、それを行われると元老院達の利益に影響が出るということで、惨殺されてしまいます。
その遺志を継いだガウイスもまた殺されます。
この巻を読んでいると腐敗してきた共和政に対して、新しい改革をしようとしていく人がどんどんと旧勢力の元老院に消されていくのがわかりました。
政治の嫌が面です。
しかし、ローマも自分達の権力に胡坐をかいているうちに、同盟国とローマ市民との間の格差が生まれ、同盟国の人々がローマ市民権を求めても、それを拒否したが為に、同盟国との戦いになるという状況が生まれました。
だんだんと共和政ではうまくいかない状況が浮き彫りになってきたなあと思いました。
Secret

TrackBackURL
→http://hoshinohayashi.blog46.fc2.com/tb.php/3414-1ff1fb4f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。