上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
のぼうの城 上 (小学館文庫)のぼうの城 上 (小学館文庫)
(2010/10/06)
和田 竜

商品詳細を見る


和田 竜さんの「のぼうの城 上」を読みました。


戦国期、天下統一を目前に控えた豊臣秀吉は関東の雄・北条家に大軍を投じた。
そのなかに支城、武州・忍城があった。
周囲を湖で取り囲まれた「浮城」の異名を持つ難攻不落の城である。
秀吉方約二万の大軍を指揮した石田三成の軍勢に対して、その数、僅か五百。
城代・成田長親は、領民に木偶の坊から取った「のぼう様」などと呼ばれても泰然としている御仁。
武・智・仁で統率する、従来の武将とはおよそ異なるが、なぜか領民の人心を掌握していた。
従来の武将とは異なる新しい英傑像を提示した四十万部突破、本屋大賞二位の戦国エンターテインメント小説!
(裏表紙より)


この本を読んでますびっくりさせられたのは、長親の不器用ぶりです。
農作業が大好きで、領内で、農作業をしていると聞くと手伝いに行きますが、不器用過ぎて、手伝っても役にたたずにむしろ邪魔になるだけなので、農民は、長親が手伝いにきても目を合わせないようにしてます。
前に、同じ忍城の戦いを描いた小説「水の城」では、うだつのあがらない地味なおじさんというイメージだったので、長親の不器用さには、びっくりしました。
こんな人がうまくあの戦いが出来るのかとも思いました。
でも、不器用だけど、領民には好かれてました。
この小説では、甲斐姫がかなりかっこよかったです。
甲斐姫素敵だ。
思っていたよりかは、面白かったので、久々に集中して読みました。
Secret

TrackBackURL
→http://hoshinohayashi.blog46.fc2.com/tb.php/3519-7c40cf42

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。