上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
天と地の守り人〈第2部〉カンバル王国編 (新潮文庫)天と地の守り人〈第2部〉カンバル王国編 (新潮文庫)
(2011/05/28)
上橋 菜穂子

商品詳細を見る


上橋 菜穂子さんの「天と地の守り人 第二部 カンバル王国編」を読みました。


再び共に旅することになったバルサとチャグム。
かつてバルサに守られて生き延びた幼い少年は、苦難の中で、まぶしい脱皮を遂げていく。
バルサの故郷カンバルの、美しくも厳しい自然。
すでに王国の奥深くを蝕んでいた陰謀。
そして、草兵として、最前線に駆り出されてしまったタンダが気づく異変の前兆――迫り来る危難のなか、道を切り拓こうとする彼らの運命は。
波瀾怒涛の第二部。
(裏表紙より)


イーハン王子に頼まれたカンバルとの同盟の仲立ちの為に、バルサとチャグムはカンバル王国へと旅立ちます。
途中、タルシュ王国の刺客によって、何度も危険な目に遭います。
しかし、カシャル〈猟犬〉に助けられたりして、なんとかジグロの甥カーム・ムサの館に辿りつきますが、囚われてしまいます。
カンバル王国内部まで、タルシュの陰謀が蝕んでいて、カンバル王は、タルシュに下るつもりだったのです。
チャグムが現われたことに危機感を持った刺客達が、囚われたチャグム達を襲った時に、一緒にカーム・ムサも殺そうとします。
その時は、なんとか難を逃れて、脱走しました。
王となんとか接触できないものかとバルサは、牧童達に頼みに行きますが、掟以外で、王を呼び出すことは出来ないと断わられます。
しかし、牧童達は、ナユグに春が訪れてきて、これから、こちらの世界にも影響がでて、雪崩などの影響が出ると教えてくれました。
バルサは、カーム・ムサに接触するためにまた館に行きます。
タルシュの刺客が自分まで殺そうとしたことに、疑問を持ち始めていたカームは、今度はチャグムの話を聞き、カンバル王に会わせてくれました。
今まで、少ない情報しか持たずにタルシュの下ろうとしていたカンバルですが、チャグムに話を聞き、タルシュの内情ややり方を知ります。
しかし、自分の体面にこだわるカンバル王は、最初はロタとの同盟を結ぶことを渋ってましたが、チャグムの必死の説得によって、同盟を結ぶのに、成功しました。
Secret

TrackBackURL
→http://hoshinohayashi.blog46.fc2.com/tb.php/3548-fb2e0ff4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。