上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
天と地の守り人〈第3部〉新ヨゴ皇国編 (新潮文庫)天と地の守り人〈第3部〉新ヨゴ皇国編 (新潮文庫)
(2011/05/28)
上橋 菜穂子

商品詳細を見る


上橋 菜穂子さんの「天と地の守り人 第三部 新ヨゴ皇国編」を読みました。


ロタとカンバルがうごいた!
北の諸国のうねりを背に、瀕死の故国へ帰還するチャグムに父との対決の時が迫る。
緒戦の犠牲になったタンダの行方を必死に探し求めるバルサ。
大地が揺れ、天変地異が起こるとき、金の鳥が空を舞い、地を這う人々の群れは、ひたすらに生きのびようとする。
――十年余りの時をかけて紡ぎだされた大河物語の最終章『天と地の守り人』三部作、ついに完結!


新ヨゴ皇国の、タンダなどが心配なバルサは、チャグムと離れて、新ヨゴ皇国に先に帰ります。
そこで、タンダが弟の代わりに草兵になったことを知ります。
タンダのことが心配なバルサは、タンダを探しに行きます。
そして、見つけたタンダは、タルシュとの緒戦に犠牲になりました、命はあったのですが、腕を一本失う程傷ついてました。
バルサは、必死で、タンダの介抱をします。

一方、チャグムは、ロタとカンバルの兵を率いて新ヨゴ皇国にやってきます。
チャグム達の緒戦は、取り囲まれた砦を助けますが、戦の生生しさをチャグムは知ります。
新ヨゴ皇国に迫る、タルシュとの戦と大洪水の危機。
二つの大きな困難にぶつかるチャグム。
死んだと思っていたチャグムが、勝利とともに、ロタとカンバルの兵を率いて帰ってきましたが、父帝は嫌がります。
チャグムが、光扇京に洪水の危機が迫っているから、都から避難してくれと言っても、帝だけは、宮にとどまり、そこで亡くなります。
今まで、新ヨゴ皇国の伝統を否定したくなかったからです。

なんとかタルシュとの戦いに勝って、チャグムは帝になりますが、これからは、今までの帝とは違う生き方をしようとしています。
本当に、過酷な試練を乗り切ったチャグムでした。
そこまでの試練を与えられなくてもと思いましたが、特に、「天と地の守り人」では、人間としてかなり成長したと思います。
Secret

TrackBackURL
→http://hoshinohayashi.blog46.fc2.com/tb.php/3576-a515563d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。