上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
読むだけですっきりわかる世界史 古代編 ピラミッドから「三国志」まで (宝島SUGOI文庫)読むだけですっきりわかる世界史 古代編 ピラミッドから「三国志」まで (宝島SUGOI文庫)
(2010/08/05)
後藤 武士

商品詳細を見る

後藤 武士さんの「読むだけですっきりわかる 世界史 古代編 ピラミッドから「三国志」まで」を読みました。


『読むだけ』シリーズ初の、全4巻でお届けする世界史。
第1巻目は古代編。
人類の誕生から中国の三国時代、南北朝まで、ずいっと、一挙に読んでしまおう。
450万年前から紀元550年までの時空の旅だ。
途中、ネアンデルタール人あり、ピラミッドあり、ソクラテスやプラトン、シーザーだって、クレオパトラもいる。
もちろん、始皇帝、項羽と劉邦、孔明だって登場するぞ。
さあ、会いに行こう!
(裏表紙より)


以前に読んだ『読むだけ』シリーズが面白かったので、今度は、世界史を読んでみようと思いました。
読んでみたら、とにかく、わかりやすいし、面白いです。
今、歴史能力検定の世界史を受検する為に、一問一答で勉強してます。
学生時代、日本史ばかりを選択していたので、あまり世界史を勉強してないから、独学で勉強しているような状態です。
この本を読んでいるとそこで、勉強していた人物名や言葉がたくさん出てきて、そのことがどのように繋がっていくのかがよくわかりました。
バラバラのピースだったものが、だんだんとパズルが完成していく途中のような感じで、面白いです。
歴史は、このだんだん繋がっていってわかってくる過程が楽しい。
本当に、わかりやすい本に出合えて嬉しかったです。
これからもこのシリーズは読むぞ。
Secret

TrackBackURL
→http://hoshinohayashi.blog46.fc2.com/tb.php/3724-25717284

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。