上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日、「はやぶさ」の映画を観て来ました。

宇宙探査機、はやぶさを携わる人達の物語です。
宇宙関係の仕事がしたかった水沢は、的場の講演会を聞きに行った時に、的場に声をかけたことによって、宇宙開発研究所の仕事に携わることが出来ます。

宇宙が大好きだった亡き兄の思いを胸に頑張ってきた水沢。
そのおかげで、7年に渡る「はやぶさ」に関わることが出来ました。

この映画を観ていると「はやぶさ」計画の大変さ、スタッフの惜しみない努力、宇宙事業の頑張っているのに、なかなか結果が出せない事実などを知ることが出来ました。

「はやぶさ」は、大阪市立科学館のオムニバスで一度、「はやぶさ」のことを観ているので、映画を観ながら、そのことを思い出しながら観てました。

なかなかうまく表現することは出来ないですが、この映画を観て思ったのは、すごく素晴らしかったです。
むちゃくちゃ感動しました。
本当に、観てよかったと思います。

主人公の水沢の宇宙オタクキャラもすごく良かったです。
好きなジャンルは、違うけど、私の友達になんか似ていたのは、びっくりしました。
顔とは、違うけど、格好や行動が何か似ている。

後、この作品で良かったのは、恋愛要素がなかったことです。
変に恋愛要素入れられるとなんかなあと思ってしまうけど、この作品は、それはなくて、「はやぶさ」スタッフの真剣なプロジェクトというのが、本当に良かったです。
Secret

TrackBackURL
→http://hoshinohayashi.blog46.fc2.com/tb.php/3736-9bf9f2da

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。