上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011_10020366_convert_20111004200115.jpg
京都の七条東山にある「智積院」に行ってきました。
ここは、前にここに来た友達が「智積院」はすごくいいから、おすすめと言っていたので、一度行ってみたいなあと思ってました。


真言宗智山派の総本山。
豊臣秀吉が建てた祥雲寺と豊国神社の一部を合わせ、徳川家康が紀州根来寺の智積院に与えたもの。
長谷川等伯一門による障壁画は国宝に指定されており、桃山文化の傑作といわれる。
(『ぶらっと 散歩コース 京都』より)

2011_10020337_convert_20111004195242.jpg

2011_10020339_convert_20111004195344.jpg

2011_10020340_convert_20111004195448.jpg
まずは、金堂に行きました。

その後、拝観料を払い、収蔵庫へ行きました。
ここには、長谷川等伯らの金碧障壁画が展示されてました。
本物をまじかに見られて良かったです。
ここは、さすがに写真撮影は禁止でした。

その後、大書院に行きました。
2011_10020341_convert_20111004195541.jpg

2011_10020343_convert_20111004195637.jpg

2011_10020346_convert_20111004200242.jpg

2011_10020347_convert_20111004200336.jpg

2011_10020348_convert_20111004200435.jpg

2011_10020355_convert_20111004200537.jpg
復元されている障壁画がとにかく綺麗でした。
安土桃山時代は、本物の絵もこのように光を放っていたのかと思いました。
本物の絵も素晴らしいけど、華やかさがよくわかって、これもすごくいいです。
ここから、ゆっくりと庭園を見たりして、かなり素敵な時間を過ごさせてもらいました。
Secret

TrackBackURL
→http://hoshinohayashi.blog46.fc2.com/tb.php/3740-f23bcb45

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。