上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
朝倉義景―信長を窮地に追い詰めた越前の雄 (PHP文庫)朝倉義景―信長を窮地に追い詰めた越前の雄 (PHP文庫)
(2011/03/01)
星 亮一

商品詳細を見る

星 亮一さんの「朝倉義景 信長を窮地に追い詰めた越前の雄」を読みました。


平安時代から続く「名家中の名家」であり、北陸越前に百年に渡って君臨した朝倉氏。
その最後の当主である義景は、城下の一乗谷に「第二の京」と呼ばれる雅な文化都市を築いた風流大名であった。
だが時代は戦乱の世、天下布武を目指し覇権を広げる信長と宿命の戦いが始まる――。
戦国の名門に生まれながら、なぜ滅びていったのか?
生まれる時代を誤った哀将の生涯を描く歴史小説!
文庫書き下ろし。
(裏表紙より)


PHP文庫の歴史小説のキャッチコピーってかっこよく書かれているので、見るのが好きです。
しかし、今回の朝倉義景に関しては、「信長を窮地に追い詰めた越前の雄」なんて嘘だと思いました。
どちらかというと「浅井長政の足をひっぱた愚将」ではないだろうかと私は思いました。
朝倉義景に対して、いいイメージはなかったですが、今回小説を読んで予想以上に駄目な武将で、がっかりしました。
折角の名家なのに、将として戦場にほとんど行かない、優柔不断、戦に出てきて信長を窮地に追い詰めても、越前に帰る。
なんですか、この予想以上の駄目っぷりはと思って読んでました。
朝倉の家臣が活躍しても、恩賞を与えなかったり、これでは、家臣が離れていくのもわかります。
父久政の意見で、朝倉についた浅井長政が哀れで仕方がなかったです。
Secret

TrackBackURL
→http://hoshinohayashi.blog46.fc2.com/tb.php/3775-cf49ef5e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。