上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
京都をてくてく (祥伝社黄金文庫 こ 9-2)京都をてくてく (祥伝社黄金文庫 こ 9-2)
(2010/04/14)
小林 由枝(こばやし ゆきえ)

商品詳細を見る

小林 由枝さんの「京都をてくてく」を読みました。


緑と風と光の町、京都。
京都で生まれ育ったイラストレーターがとっておきの京都をまたまたご紹介。
この本を片手に、今までと違う京都を探しに行きませんか?
知らない道を歩いてみると、きっと新しい発見があるはずです。
(裏表紙より)


京都には近いこともありよく遊びに行ってます。
結構、いろんな神社仏閣には行ったので、だいたい行ったことあるばかりの所かなあと思ったら、この本を読むとまだまだ行ったことがない場所が多いことがわかりました。
この本で、紹介されていたのは、上賀茂、紫竹、紫野、小川御所西、修学院、一乗寺、東山七条、洛南東山のエリアでした。
神社仏閣とはじめ、お店の紹介などもされてました。
大半のページが、小林さんの素敵なイラストと文字で書かれていました。
小林さんのやさしい文章が、このエリアの散歩には、こんな素敵な場所があったのかとまた京都に行った時にそこに行きたくなるような魅力的な紹介がされていました。
観光のガイドブックには載っていないような神社仏閣も多いですし、楽しく散歩されておられる方の生の感想が伝わってくるのがいいです。
まだまだ、京都には行ったことがない素敵な場所がいっぱいあるなあとあらためて思いました。
Secret

TrackBackURL
→http://hoshinohayashi.blog46.fc2.com/tb.php/3925-691d267b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。