上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
上杉謙信 (吉川英治歴史時代文庫)上杉謙信 (吉川英治歴史時代文庫)
(1989/10/02)
吉川 英治

商品詳細を見る

吉川 英治さんの『上杉謙信』を読みました。


謙信を語るとき、好敵手・信玄を無視することはできない。
精悍孤高の武将謙信と千軍万馬の手だれの武将武田信玄。
川中島の決戦で、戦国最強の甲軍と龍攘虎搏の激闘を演じ得る越軍も、いささかもこれに劣るものではない。
その統率者・謙信と彼の行動半径は――?
英雄の心事は英雄のみが知る。
作者が得意とする小説体の武将列伝の一つであり、その清冽な響きは、千曲・際川の川音にも似ている。
(裏表紙より)


川中島の戦いを中心とした作品でした。
川中島の戦いに関してかなり長く描かれているので、その戦いの臨場感をすごく感じる作品でした。
高校生の頃、一度読んでいた作品だけど、また読み返すとその時とはまた違う感じを受けました。
その後、またいろいろと歴史小説など読んだから、同じ作品でも違う作品のような気がする時がたまにあります。
吉川英治さんの作品は面白いので、好きです。
Secret

TrackBackURL
→http://hoshinohayashi.blog46.fc2.com/tb.php/3996-1c276344

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。