上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
地下鉄の不思議な話 (PHP文庫)地下鉄の不思議な話 (PHP文庫)
(2012/03/03)
日本博学倶楽部

商品詳細を見る

日本博学倶楽部の「思わず人に教えたくなる!地下鉄の不思議な話」を読みました。


暗闇の中を滑るように走る鋼鉄の車体――。
その先はいったいどうなっているのだろう?
と一度は思ったことがないだろうか。
本書は「トンネルはどうやって掘削しているのか」
「なぜ地上を走る区間があるのか」
「始発の乗務員はどうやって通勤しているのか」
など、札幌から博多までを走る地下鉄10業者について徹底調査。
単なる移動手段に留まらない、新たな地下鉄の魅力に迫る!
文庫書き下ろし。
(裏表紙より)


地下鉄は、よくお世話になってます。
よく、利用するのが、大阪の堺筋線と京都の地下鉄です。
まだ、札幌と仙台の地下鉄は利用したことがありませんが、他の地域のものは、旅行に行った時に、どこかの線は利用したことがあります。
この本を読んでいると地下鉄に関する何故ということがいろいろとわかって面白かったです。
東京の地下鉄の古い車両が、アルゼンチンの地下鉄で活躍しているというのは、テレビで見たことがありますが、他にも、日本の地方都市の電車として、まだまだ活躍していることも知りました。
知らないことも多かったので、良い勉強になりました。
Secret

TrackBackURL
→http://hoshinohayashi.blog46.fc2.com/tb.php/4315-a09b06c9

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。