上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
実伝 直江兼続 (角川文庫)実伝 直江兼続 (角川文庫)
(2008/12/25)
火坂 雅志

商品詳細を見る

火坂 雅志さん編の『実伝 直江兼続』を読みました。


上杉謙信から「義」の精神を受け継ぎ、上杉景勝を終生補佐した、直江兼続とはどのような人物だったのか。
初の兼続評伝、福本日南の『直江山城守』をはじめ、坂口安吾、海音寺潮五郎ほか、『天地人』原作者の編者ら歴史作家たちが独自の視点から捉えた兼続像を語る。
眉目秀麗・文武兼備の宰相として知られ、越後、会津、米沢とそれぞれの領地経営にもその手腕を発揮した稀代の智将の生涯を追い、その人間的魅力と実像を探る。
(裏表紙より)


図書館で見つけた時は、なんとなく、大河の原作者の火坂さんの兼続像について書かれている本かなあと思って借りてきました。
読み出してみると火坂さんだけではなくて、他の歴史小説家の方々も書かれてました。
特に、価値があるなあと思ったのは、昔の方々の兼続像だと思います。
今は、大河でやったことにより、知名度も上がり、実は、こんな有能な上杉家の家老が居たんだということが世間にも知られてましたが、昔は、あまり知られていない人物ですからね。
その人物像について、昔の方々の評価を読むのが面白かったです。
他の方々も熱くかかれていて、やはり、直江兼続は魅力的な人物だとあらためて思いました。
Secret

TrackBackURL
→http://hoshinohayashi.blog46.fc2.com/tb.php/4325-548b1ea8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。