上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ビジュアル日本の名将100傑ビジュアル日本の名将100傑
(2012/02/17)
歴史魂編集部

商品詳細を見る

歴史魂編集部:編『ビジュアル日本の名将100傑』を読みました。

日本史に出てくる名将を100人選んで紹介されている本です。
各人物の紹介や有名な戦のことなどが書かれてました。
日本史の名将100人なら、全部わかるよねと思って読んでみたら、知らない人もいろいろといて、まだまだ、自分の勉強不足を痛感させられました。
あまり、知らない明治以降の軍人を知らないのは、私の知識もそんなもんだろうなあと思うけど、それ以外の時代の武将でわからない人がいたのは、軽くへこみました。
知らなかった人物は、藤原利仁、平忠常、少弐景資、土岐頼遠、上杉憲顕、今川貞世、朝倉敏景、山田顕義、谷干城、立見尚文、伊東祐亨、児玉源太郎、大山巌、野津道貫、黒木為楨、上村彦之丞でした。
明治以降の人物って、あんまり知らないなあ。
載っていて嬉しかった人物は、
北畠顕家、長野業正が載っていたのは、嬉しかったです。
好きな武将ではあるけど、そんなに有名というわけでもないから。
ショックだったのが、嫌いな高師直が私の大好きな人物である高市皇子の子孫だったことです。
これは、知ってショックでした。
後、各人物を統率、戦術、戦略、政略という項目でランキングされていたんですが、大村益次郎が評価が高くて意外でした。総合4位で、1位が信長、秀吉、家康、同率4位が元就、氏康というそうそうたる戦国大名ばかりの中に食い込んでくるとはなあ。
後、この本で良かったのが、イラストがすごく綺麗だということです。
3人のイラストレーターの方々が描かれていましたが、どの人物も魅力的でした。
Secret

TrackBackURL
→http://hoshinohayashi.blog46.fc2.com/tb.php/4365-aa2c2644

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。