上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
オリンピック雑学150連発 (文春文庫)オリンピック雑学150連発 (文春文庫)
(2012/07/10)
満薗 文博

商品詳細を見る

満薗 文博さんの『オリンピック雑学150連発』を読みました。


54年かけてマラソンを「完走」した日本人ランナー。
聖火の生みの親はヒトラーなのか?
アジア初のメダリストはインド人。
太古、選手もコーチも全裸だった……。
紀元前8世紀にその源流を発するオリンピックは、意外な逸話に彩られている。
近年の印象深いエピソードも満載して、オリンピック観戦の予習・復習に必携の一冊。
(裏表紙より)


たまたま図書館でこの本を見かけて、オリンピックのこと知らないことばかりだし、雑学を知っておくのも悪くないよねと思って借りて読みました。
読んでみると大変面白かったです。
やはり、知らないことばかりでした。
オリンピック開催当時の苦労などは、このような苦労の末に今の世界的な大会になったのかというのがわかりました。
私の場合、オリンピックをテレビ観戦していたのが、ソウルオリンピックから記憶にあります。
その後の大会でも、岩崎恭子ちゃんの日本人最年少金メダルは印象が強いです。
その当時テレビで観ていて、同学年の子がオリンピックで金獲るなんてすごいなあ(というか出場していることがすごい)と思って観てました。
これが、今までオリンピックで一番印象が強いです。
この本のおかげで、私の生れる以前の大会のこともいろいろと知ることも出来ましたし、見ていた大会でも知らないことがいろいろとあったので、本当に勉強になりました。
Secret

TrackBackURL
→http://hoshinohayashi.blog46.fc2.com/tb.php/4483-89a0f45e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。