上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
忍びの国 (新潮文庫)忍びの国 (新潮文庫)
(2011/02/26)
和田 竜

商品詳細を見る

和田 竜さんの『忍びの国』を読みました。


時は戦国。
忍びの無門は伊賀一の腕を誇るも無類の怠け者。
女房のお国に稼ぎのなさを咎められ、百文の褒美目当てに他家の伊賀者を殺める。
このとき、伊賀攻略を狙う織田信雄軍と百地三太夫率いる伊賀忍び軍団との、壮絶な戦の火蓋が切って落とされた――。
破天荒な人物、スリリングな謀略、迫力の戦闘。
「天正伊賀の乱」を背景に、全く新しい歴史小説の到来を宣言した圧倒的快作。


私の場合、小6から歴史小説をよく読んでますが、よく考えてみると忍びものって、真田幸村を中心に書かれたものに出てくる真田十勇士くらいしか読んだことしかなかったです。
この小説を読んで感心したことは、忍びのことがわかりやすくどういうものであるのか書かれていたことが勉強になりました。
他の戦国武将と違って、土地が貧しい為に、生活の糧を得る為に自らの技を磨き、銭の為に働くもの。
織田信雄軍に攻められた時に、最初は無門をはじめ、半分近くの忍び達が他国に逃げようとしますが、お国に諭されて北畠家の姫から渡された茶道具の小茄子を売った資金(この時は、まだ小茄子は売ってないけど)から賞金をだして織田軍に戦いを挑んでからの忍びの戦いは凄まじかったです。
それまでに、残った忍びは、ほぼやられていたんですが。
賞金のかかった時に忍びの活躍がすごく伝わりました。
話としては、すごい戦闘シーンなど面白かったです。
Secret

TrackBackURL
→http://hoshinohayashi.blog46.fc2.com/tb.php/4614-175c141e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。