上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
天地明察(上) (角川文庫)天地明察(上) (角川文庫)
(2012/05/18)
冲方 丁

商品詳細を見る

冲方 丁の『天地明察 上』を読みました。


徳川四代将軍家綱の治世、ある「プロジェクト」が立ち上がる。
即ち、日本独自の暦を作り上げること。
当時使われていた暦・宣明暦は正確さを失い、ずれが生じ始めていた。
改暦の実行者として選ばれたのは渋川春海。
碁打ちの名門に生まれた春海は己の境遇に飽き、算術に生き甲斐を見出していた。
彼と「天」との壮絶な勝負が今、幕開く――。
日本文化を変えた大計画をみずみずしくも重厚に描いた傑作時代小説。
第7回本屋大賞受賞作。
(裏表紙より)


天地明察は、去年映画を観に行って面白かったので、小説を読んでみようと思いました。
正直、歴史は好きなのですが、私は江戸時代は、大阪の陣までと幕末以外はあまり興味がなかったので、それ以外の江戸時代の小説って、ほとんど読んだことがありませんでした。
でも、この作品は、面白かったです。
読んでいるうちに、映画での場面を思い出しながら、読んでました。
内気な春海ですが、好きな算術には、純粋に打ち込む姿がいいです。
純粋になにかをやろうとしている人々の姿が読んでいてワクワクしました。
早く、図書館で予約している下巻がまわってこないかなあと楽しみです。
Secret

TrackBackURL
→http://hoshinohayashi.blog46.fc2.com/tb.php/4627-918555a1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。