上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
夢の宮 〜王の苑囿〜 (夢の宮シリーズ) (コバルト文庫)夢の宮 〜王の苑囿〜 (夢の宮シリーズ) (コバルト文庫)
(2012/08/01)
今野 緒雪

商品詳細を見る

今野 緒雪さんの『夢の宮~王の苑囿~』を読みました。


七歳の春、翔志は初めて鸞城に入った。
しかし、それは家族と別れを意味するもので…。
そうとは知らず『夢の宮』に案内された翔志は、四人の少年と体面する。
彼らは、帰ろうとする翔志に「帰れない」と言い、「我々は、王への供物なのだ」と言う。
事情もわからぬまま『夢の宮』での生活を強いられることになった翔志はある日、新たに仲間となりともに勉強するという少女・麗婀に恋をして…?
(裏表紙より)


久々に図書館で見かけて読んでみようと思いました。
あまり、ライトノベル系は読まない私ですが、今野さんの『夢の宮』シリーズは、高校の時から大好きなシリーズです。
今回は、すごく面白かったです。
七歳の春、翔志は初めて城に連れて行かれて『夢の宮』で四人の少年達と暮らすことになりました。
なぜ、自分がこのようなところに連れてこられたのかわからずに。
勉強、武術などを仲間と共に学びます。
ある時、そこに麗婀という少女も一緒に学ぶようになり、同じ歳の二人は惹かれていきます。
最初は知りもしなかったことですが、翔志は、鸞王と血縁関係にあり、集められた少年達もそうでした。
将来の王候補として育てられていたんです。
家系図などが手がかりになって、だんだんと翔志のことがわかっていくのが面白かったです。
最初は、結ばれないであろうと思った翔志と麗婀も最後は、結ばれたのは良かったです。
Secret

TrackBackURL
→http://hoshinohayashi.blog46.fc2.com/tb.php/4659-7017ea2f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。