上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
天地明察(下) (角川文庫)天地明察(下) (角川文庫)
(2012/05/18)
冲方 丁

商品詳細を見る

冲方 丁さんの『天地明察 下』を読みました。


「この国の老いた暦を切ってくれぬか」会津藩藩主にして将軍家綱の後見人、保科正之から春海に告げられた重き言葉。
武家と公家、士と農、そして天と地を強靭な絆で結ぶこの改暦事業は、文治国家として日本が変革を遂げる象徴であった。
改暦の「総大将」に任じられた春海だが、ここから想像を絶する苦闘の道が始まることになる―ー。
碁打ちにして暦法家、渋川春海の20年に亘る奮闘・挫折・喜び、そして恋!!
(裏表紙より)


この巻も面白かったです。
授時暦を押す為に、蝕を当てる勝負をしますが、最後の1回ではずしてしまい失敗をします。
失敗したことに挫折はしますが、関孝和になぜ授時暦自体がずれが生じていることに気付かないと言われ、日本独自の大和暦を完成させます。
大和暦を完成させた後、今までの暦を押す者達の妨害にあったり苦労しますが、最後は、認めさせます。
どうしても、後ろ向きな春海が朝廷に暦を認めさせる時は、意外に策士でなんかびっくりもしたりもしました。
下巻では、春海も結婚します。
最初に結婚した相手は身体が弱くて亡くしてしましますが、後では、えんと再婚しました。
そのえんの助けもあってなんとか今まで支えてもらった人々に報いることが出来ました。
この本を読みながら、映画のキャストを思い出しながら読めたので、良かったです。
Secret

TrackBackURL
→http://hoshinohayashi.blog46.fc2.com/tb.php/4665-905560ec

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。