上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
遊撃隊始末 (文春文庫)遊撃隊始末 (文春文庫)
(1997/12)
中村 彰彦

商品詳細を見る

中村 彰彦さんの『遊撃隊始末』を読みました。


〈真心のあるかなきかは屠り出す腹の血潮の色にこそ知れ〉。
幕末、江戸に迫る官軍を前に、林昌之助は上総請西藩主の地位を投げうち剣客集団「遊撃隊」に身を投じる。
人見勝太郎や伊庭八郎らとともに遊撃隊は、上総から箱根、奥州、さらに箱館五稜郭まで転戦し官軍に抗し続けた。
時流に逆らい武士の一分を貫いた男たちの光芒。
(裏表紙より)


最近、私が気になっている幕末の林忠崇の小説です。
幕末に唯一、自らの意思で脱藩した大名です。
徳川家の為に、遊撃隊の人見勝太郎や伊庭八郎とともに戦います。
人見勝太郎や伊庭八郎は、名前は知ってますが、どんな風に戦ったのかよく知らなかったので、この本を読んでどのように戦ったのかわかりました。
伊庭八郎といえば、るろ剣の妙さんが錦絵の伊庭八郎の絵を持っていたよなあというのが、最初に知ったきっかけでした。
徳川家の為に、会津藩などを中心とした奥州列藩同盟の人や榎本武揚などの官軍などと戦いますが、結局は、敗れてしまいます。
片腕を失っても戦い続けた伊庭八郎はすごかったです。
Secret

TrackBackURL
→http://hoshinohayashi.blog46.fc2.com/tb.php/4784-43d7086c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。