上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
修理さま 雪は (中公文庫)修理さま 雪は (中公文庫)
(2005/09)
中村 彰彦

商品詳細を見る

中村 彰彦さんの『修理さま 雪は』を読みました。


会津武士の妻としての矜持を胸に自ら命を絶った神保雪子、若松郊外涙橋で果敢に敵兵と白刃を交わし戦死した中野竹子、砲術に優れ会津籠城戦に勇躍、のち新島襄の妻となった山本八重……。
会津落城にまつわる七つの悲話を丹念に掘り起こし、美文に昇華した連作短編集。


会津落城にまつわる話だけあって、悲しい話が多かったです。
特に、神保雪子の話はかわいそうで仕方がなかったです。
敵兵と果敢に戦った中野竹子や山本八重の話は、女性でも戦ってすごいと思えました。
でも、悲話が多かったので、読んでいて本当に泣けてきました。
Secret

TrackBackURL
→http://hoshinohayashi.blog46.fc2.com/tb.php/4870-b40b32b7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。