上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
知恵伊豆に聞け (文春文庫)知恵伊豆に聞け (文春文庫)
(2007/04)
中村 彰彦

商品詳細を見る

中村彰彦さんの『知恵伊豆に聞け』を読みました。


徳川安泰の基礎を固めた家光の陰には、機知に富んだひとりの老中がいた。
松平伊豆守信綱、通称「知恵伊豆」は、徳川家に持ち込まれた無理難題を次々に解決する。
島原の乱の鎮圧を始め、由井正雪謀叛を未然に防ぎ、川越藩主として野火止用水を完成させるなど、機知と行動力をいかんなく発揮いた男の「逆転の発想」
(裏表紙より)


松平信綱は、歴史の授業の島原の乱を鎮圧した幕府側に名前があったなあ、何かこの時、似たような名前が多くてなかなか名前が覚えられなかったなあというのが、私の感想でした。
この前読んだ保科正之の本で知恵伊豆にも興味が湧いたので読んでみました。
面白かったです。
私は、あまりよく知らない三代家光、四代家家綱の時代ですが、大坂の陣も終わり、平和な国作りに向かっていく時期ではありました。
しかし、大名家のおとりつぶしによる浪人の増加によって不満分子はあふれている時期ではありました。
天草の乱、由井正雪の乱など大変な時期にはぶつかりましたが、いろいろと知恵を絞って乗り越えていくのが読んでいてたのしかったです。
Secret

TrackBackURL
→http://hoshinohayashi.blog46.fc2.com/tb.php/4873-9093d416

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。