上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
痛快無比の面白さ! 空前絶後のド迫力! 水滸伝 丸わかり (じっぴコンパクト新書)痛快無比の面白さ! 空前絶後のド迫力! 水滸伝 丸わかり (じっぴコンパクト新書)
(2013/07/11)
JUKE 弘井

商品詳細を見る

JUKE弘井さんの「痛快無比の面白さ!空前絶後のド迫力!水滸伝 丸わかり」を読みました。


中国の歴史長編小説として絶大な人気を誇る『三国志』。
これに堂々比肩し得るのが、本書でガイドする痛快冒険活劇『水滸伝』である。
封印を解かれて天空に散らばった魔星が108人の豪傑たちに生まれ変わって大活躍する物語である。
「水のほとりに話」と銘うち、壮大なスケールで描かれた『水滸伝』は、「義」をもって集う強者どもの、人間味あふれる一大叙事詩でもある。
ふるい立って、ご一読あれ!
(裏表紙より)


図書館で見つけて面白そうだなあと思って読んでみました。
私は、水滸伝は、高校の時に読んだ吉川栄治さんの作品しか知りませんでした。
しかし、読んだのがだいぶ前なので、かなり内容を忘れてました。
この本は、横山光輝さんの漫画のイラストなどが入りながら解説されていたので、わかりやすかったです。
登場人物が多い作品は、キャラクターがイラストだと覚えやすいので、ありがたいものです。
しかし、読んでいると自分の思っていたのとはちょっと違う作品だったのかと思いました。
思っていたよりも過激なところが多かったんだとも思いました。
折角、こういう本を読んだので、また近いうちに水滸伝の小説を読んでみようかなあと思いました。


Secret

TrackBackURL
→http://hoshinohayashi.blog46.fc2.com/tb.php/5005-b0573c2b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。