上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「長浜別院 大通寺」に行きました。
今まで何度か長浜には遊びに行ってますが、まだ、このお寺には行ったことがなかったので、折角なので、行ってみることにしました。


 真宗大谷派(東本願寺)の別院。正式には無礙智山(むげちざん)大通寺といいますが、一般に「長浜御坊」の名で呼ばれています。本願寺12世の教如上人が、湖北門徒に仏法を説き広めるための道場を、旧長浜城内に開いたのが始まりで、そのころは、長浜御堂と呼ばれていました。安土桃山時代末期、京都に東本願寺が建立され、御堂を大通寺とし、その4年後に現在地に移築しました。伏見桃山城の遺構と伝わる本堂や大広間、長浜城の追手門を移築した脇門(薬医門)など、建造物の多くが、国あるいは市の重要文化財です。県指定の文化財としては、南北朝時代の銘を刻んだ梵鐘があります。客室(含山軒、蘭亭)内部の障壁は、狩野山楽・山雪、円山応挙によって描かれており、その庭園は国の名勝に指定されています。
 含山軒庭園は、伊吹山を借景として鑑賞式枯山水。含山の名はこれに由来しています。前方に盛砂を敷き、中ほどに亀島を配して、伊吹山から枯滝に水が注いで見えるよう設計されています。
 蘭亭庭園は、小さい池に反(そり)橋がかかる鑑賞式池泉庭園で、松や木犀の老樹を多く用いた優雅な名園です。
<重文>本堂 大広間 含山軒及び蘭亭
<名勝>大通寺含山軒及び蘭亭庭園
『滋賀県観光情報』HPより
http://www.biwako-visitors.jp/search/spot.php?id=575


私が行った時は丁度、門が工事中でした。

DSCF2585_convert_20131228181356.jpg

DSCF2586_convert_20131228181445.jpg

DSCF2587_convert_20131228181538.jpg

DSCF2589_convert_20131228181733.jpg

DSCF2591_convert_20131228182058.jpg

DSCF2592_convert_20131228182147.jpg

DSCF2593_convert_20131228182244.jpg

DSCF2594_convert_20131228182338.jpg
結構見ごたえがありました。
庭園がなかなか絵になりました。
Secret

TrackBackURL
→http://hoshinohayashi.blog46.fc2.com/tb.php/5101-b4b6d06c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。