上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
知れば知るほど面白い 徳川将軍十五代 (じっぴコンパクト新書)知れば知るほど面白い 徳川将軍十五代 (じっぴコンパクト新書)
(2011/12/17)
大石 学

商品詳細を見る

『知れば知るほど面白い 徳川将軍十五代』を読みました。


初代将軍家康は徳川家の世襲支配を確固たるものとするため、早々と将軍職を子・秀忠に譲り、自らは大御所としてさらに政権基盤を盤石のものにしていく。
しかしその後の将軍継嗣に際しては、大奥と幕臣たちの思惑が常に絡みあい、さらに本来幕府を支えるべき徳川一門の力関係も作用して、予想外の人物が将軍になっていった……。
乱世の覇者・家康から、大政奉還を経て維新後、公爵に叙せられた慶喜までの多彩な「将軍」を知れば、265年の長きにわたって繁栄した「江戸時代」も見えてくる!
(裏表紙より)


徳川将軍と言っても、有名な初代家康、三代家光、五代家綱、八代吉宗、十五代慶喜と有名なところから、後、私がわかるのは二代秀忠、四代家綱、十一代家斉、十三代家定、十四代家茂まではわかりますが、六代家宣、七代家継、九代家重、十代家治、十二代家慶に関しては名前も憶えていないほど知りませんでした。
この本では、各将軍の時に将軍はどのようにしてなり、どのようなことをして、そして、その時代はどんなだったかということがわかりやすく解説されていました。
その時の将軍がよくわかっていなくても、その当時はどんな人が権力を持っていたり、政治をしていたりしたのか書かれていたので、この人物はどの将軍の時に活躍していたんだとわかりやすかったです。
そして、その当時の大奥のことも書かれていたので、江戸時代の大奥の当時がどんなだったのかがわかりました。
江戸時代は、大阪の陣までと幕末はよく小説を読んでいるけど、その他の小説はあまり読んだことがないから知らないことが多かったです。
Secret

TrackBackURL
→http://hoshinohayashi.blog46.fc2.com/tb.php/5139-3f745c64

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。